あちこち神道和歌集

神道和歌集アイキャッチ画像雑記帳
こばち
こばち

神道の勉強に役立つかもしれない和歌をまとめています。

リストの方法を次のようにします。読み方が違ったらごめんなさい。

リストアップの歌
  • 和歌
  • 作者
  • 歌集
  • 私がその歌を知った本

あかさたな行で分類し、あいうえお順に並べています。和歌の2文字以降での順番は割と適当です。

あと、和歌じゃないものも含みます。

何かのお役に立ったら、嬉しい限りです。

ア行

あめつちのかみにそいのるあさなきの うみのごとくになみたたぬよを
  • 和歌:天地の神にそ祈る朝凪の 海のごとくに波立たぬ世を
  • 作者:昭和天皇
  • 歌集:
  • 私がその歌を知った本:浦安の舞
あめつちのなかにみちたるくさきまで かみのすがたとみつつおそれよ
  • 和歌:天地の中にみちたる草木まで 神のすがたとみつつ恐れよ
  • 作者:卜部兼邦
  • 歌集:兼邦百首歌抄
  • 私がその歌を知った本:神道を知る本(おうふう)
うまれこぬさきもうまれてすめるよも しにてもかみのふところのうち
  • 和歌:生まれこぬさきも生まれて住める世も 死にても神のふところのうち
  • 作者:橘三喜
  • 歌集:神道四品縁起
  • 私がその歌を知った本:神道を知る本(おうふう)

カ行

かすがのにあわまけりせばいつしかに つなぎてゆかましをやしろとむとも
  • 和歌:春日野に粟まけりせば何時しかに 続きてゆかましを社とむとも
  • 作者
  • 歌集:万葉集第三巻 404
  • 私がその歌を知った本:神道を知る本(おうふう)
ここはこころのふるさとか そぞろまいればたびごころ うたたわらべにかへるかな
  • 和歌:ここは心のふるさとか そぞろ詣れば旅ごころ うたた童にかへるかな
  • 作者:吉川英治
  • 歌集:伊勢神宮参拝詠歌
  • 私がその歌を知った本:神道を知る本(おうふう)
こころはすなはちかみのみあらか かたちはあめつちとおなじねたり
  • 和歌:心は則ち神明の舎、形は天地と同根たり
  • 作者:吉田兼倶(よしだかねとも)
  • 歌集:神道大意
  • 私がその歌を知った本:神道を知る本(おうふう)

サ行

それしんとうはしょうじきをもちてたいとし あいけいをもちてこころとし ぶじをもちてぎょうとす
  • 和歌:それ神道は正直を以て体とし 愛敬を以て心とし 無事を以て行とす
  • 作者:中江藤樹
  • 歌集:神道大義
  • 私がその歌を知った本:神道を知る本(おうふう)

タ行

たなつものもものきぐさもあまてらす ひのおおかみのめぐみえてこそ
  • 和歌:たなつ物、ももの木草も天照らす 日の大神のめぐみ得てこそ
  • 作者:本居宣長
  • 歌集:玉鉾百首
  • 私がその歌を知った本:神道を知る本(おうふう)
たみのためよのためいのるかむわざの しげきみくにはなほぞさかえむ
  • 和歌:民のため代のため祈る神わざの しげき御国はなほぞ栄えむ
  • 作者:度会常良(わたらいつねよし)
  • 歌集:続後拾遺集
  • 私がその歌を知った本:神道を知る本(おうふう)
ちちはははわがいえのかみ わがかみと こころをつくしていつけひとのこ
  • 和歌:父母はわが家の神 わが神と 心をつくしていつけ人の子
  • 作者:本居宣長
  • 歌集:玉鉾百首
  • 私がその歌を知った本:神道を知る本(おうふう)
ちはやぶるかみのやしろしなかりせば かすがののべにあわまかましを
  • 和歌:ちはやぶる神の社しなかりせば 春日の野辺に粟蒔かましを
  • 作者:
  • 歌集:万葉集第三巻 404
  • 私がその歌を知った本:神道を知る本(おうふう)

ナ行

なにごとのおわしますかはしらねども かたじけなさになみだこぼるる
  • 和歌:何ごとの在しますかは知らねども かたじけなさに涙こぼる々
  • 作者:西行法師
  • 歌集:異本山家集
  • 私がその歌を知った本:神道を知る本(おうふう)
なにごともかみにまかするわがみぞと おもふこころのつみとがもなし
  • 和歌:何事も神にまかする我が身ぞと 思ふこころの罪咎もなし
  • 作者:高田末白
  • 歌集:中臣祓清明抄
  • 私がその歌を知った本:神道を知る本(おうふう)

マ行

みなひとのいのるこころもことわりに そむかぬみちをかみやうくらむ
  • 和歌:みな人の祈るこころもことわりに 背かぬ道を神や受くらむ
  • 作者:藤原為守
  • 歌集:玉葉集
  • 私がその歌を知った本:神道を知る本(おうふう)
めにみえぬかみにむかひてはぢざるは ひとのこころのまことなりけり
  • 和歌:眼に見えぬ神に向ひて恥ぢざるは 人の心のまことなりけり
  • 作者:明治天皇
  • 歌集:明治天皇御集
  • 私がその歌を知った本:神道を知る本(おうふう)

ヤ行

ゆうかけていつくこのもりこえぬべく おもはゆるかもこいのしげきに
  • 和歌:木綿かけて斎くこの神社越えねべく 思はゆるかも恋の繁きに
  • 作者:
  • 歌集:万葉集第七巻 1378
  • 私がその歌を知った本:神道を知る本(おうふう)
やまおろしのかざなふきそとうちこえて なにおへるもりにかざまつりせな
  • 和歌:山おろしの風な吹きそとうち越えて 名に負へる社に風祭せな
  • 作者:
  • 歌集:万葉集第九巻 1751
  • 私がその歌を知った本:神道を知る本(おうふう)
やましなのいしだのもりのすめかみに ぬさとりむけて われはこえゆくおうさかやまを
  • 和歌:山科の石田の社のすめ神に 幣帛取り向けて われは越え行く相坂山を
  • 作者:
  • 歌集:万葉集第十三巻 3236
  • 私がその歌を知った本:神道を知る本(おうふう)

ワ行

わがこころきよめきよめてよくみれば まことはかみもわがこころなり
  • 和歌:わが心清め清めてよく見れば まことは神も我が心なり
  • 作者:橘弘政
  • 歌集:心の百首
  • 私がその歌を知った本:神道を知る本(おうふう)
タイトルとURLをコピーしました