漢字に惑わされないで!祝詞は「ノリトゴト」が由来

森画像(祝詞について)雑記帳

こんにちは!私は神社のお仕事をしていています。この記事では祝詞について書いています。

祝詞全集を参考にすれば祝詞が書けるようにはなったものの、もっともっと心がこもった祝詞が書けるようになりたい!と思うので、祝詞作文についてまとめています。

今回は「祝詞」について考えてみたいと思いますよ。

祝詞とは神様に申し上げる言葉

まずは、神道辞典での「祝詞」の説明です。

神祭りの際に斎主が神に対して唱える独特の文体をそなえた言葉。ふつう祝詞といえば広く寿詞(よごと)や祓詞の類いをも含めて総称する。

弘文堂・縮刷版「神道辞典」より

言葉といっていますが、2・3行で終わる場合や10分以上かかるような長文の祝詞があります。祝詞の長さは御祭の内容や重要度によって変わりますよ。

祝詞の語源は「ノリ・ト・ゴト」

なんだか「唱える」って呪文ぽい感じですね~。わ~オカルトな匂いがする。

でも、あながち祝詞の語源を考えると間違いとは言えないのですよ。

そして、書き言葉の日本語は漢字によって作られているので、語源を漢字由来で考えるとちょっとズレてしまいます。

「祝」はお目出度いことやお祝いのイメージが強いですよね。

そのためか、「祝詞」というと祝い事やお目出度いような御祭で申し上げる言葉を「祝詞」とよびと思っているかたが多いような気がします。

でも、今で言う神職は「祝(ほふり)」と呼ばれていました。「祝」は祭事を奉仕する人を意味しています。

祝詞には広義と狭義の「祝詞」があるので、神葬祭で「祝詞」と言ってしまっても目くじらを立てて咎める程のことではありません。

まぁ、「ちゃ~んと分かってますよ」と示したいときは「祭詞」と言えばいいのですよ。

長くなりましたが、語源には諸説あります。

  • 詔賜言(のりたべごと)・・・賀茂真淵『延喜式祝詞考』
  • 詔説言(のりときごと)・・・本居宣長『古事記伝』『大祓詞後釈』
  • 詔(宣)之言(のりとごと)・・・鈴木重胤『延喜式祝詞講義』
  • 宣処言(のりとごと)・・・折口信夫『古代研究』「国文学編」など
  • 宣呪言(のりとごと)・・・武田祐吉『神と神を祭る者との文学』ほか

今では「祝詞(ノリト)」に統一されていますが、表記や読み方がバラバラでした。

例えば天の岩屋戸神話で、古事記では布刀詔刀言(フトノリトゴト)、日本書紀では太諄辞(フトノリト)です。他には敷刀能里等法刀言告刀詔刀があります。

これらの例から祝詞は「ノリ・ト・ゴト」の略だと考えられます。

「ノリト」がちょっとなまって「ノット」になったり、さらにはもっと略して「ノト」と呼ばれたり、「ノリトゴト」が「ノトゴト」に略されたりしました。

なんだか、いいかげんよねー。

宣るとは神聖な言葉を口にすること

手持ちの古語辞典『古語林』をみると『ノル』には6種類の意味が載っています。

  1. 似る
  2. 伸る、仰る(刀が後ろに曲がる、体がのけぞる)
  3. 告る、宣る
  4. 乗る
  5. 罵る
  6. 賭る

神様を罵ったら間違いですし、賭けるもおかしい、神様に似せるでもないし。ここから考えると、「ノル」は「告る、宣る」が妥当のように思います。

この「宣る」について『古語林』では「神や天皇がその神聖な意向を人民に正式に表明する、が原義。転じてむやみに口にすべきではないことを明かして言う意になる」と解説されています。

「宣る」についてWeblio辞書の日本国語大辞典では次のように説明しています。

本来、単に口に出して言う意ではなく、呪力を持った発言、重要な意味を持った発言、ふつうは言ってはならないことを口にする意。「のろふ(呪)」の語もこの語から派生したものである。

「宣る」のポイントは、上から下への関係と神聖さです。

祝詞の文体について

祝詞の文体は宣命体奏上体に分けることができます。

宣命体とは、「諸聞き食へよと宣ふ」「称へ辞竟へ奉らくと宣ふ」で終わる祝詞です。これは御祭の場所に集まっている人に向けて読み聞かす形の祝詞になります。6月と12月に行われる大祓ではこの形になります。

奏上体とは、「 称へ辞竟へ奉らくと 申す」「申し給はくと申す」で終わる祝詞です。御祈願など神様に向かって奏上するほとんどの祝詞が奏上体になります。

祝詞の表記の仕方は漢字で書きます。主に名詞や代名詞、動詞や形容詞の語幹などが大きく漢字で書かれます。助詞や助動詞などは動詞などの文字の大きさの半分くらいの大きさで万葉仮名を用いて表記されます。

私の場合も、会社名やカタカナ言葉はカタカナで書いていますが、できる限り漢字や万葉仮名を用います。

こういった祝詞の表記方法を宣命書きと言います。

文体は重要ではない

祝詞の文体に宣命体と奏上体の2種類ありました。それなのに「ノリト(宣ル・ト)」というのは、なんか不思議な感じがします。

もともとは神様から天皇へ、天皇から臣下へ、または天皇から国民へと上から下へ読まれていたものが下から上へと変化があったのではと考えられます。

でも、奏上体の祝詞の中でも古い内容を表すものが存在するので、どちらが古いかと断定することはできません。

「宣る」と「申す」が一緒に使われているケースもあります。

大祓詞にみられる「安国と平らけくしろしめせと事依さし奉りき」などと「依さす」や「みこともち」は神様から天皇に、天皇から役人に御委任される、同格(同権?)の意味になるので、神聖な言葉を口にすると考えてもいいと思います。

夏と年末に行う大祓式では「宣る」と言って大祓詞を参拝者に読み聞かすシーンに出くわします。

私の感じでは大祓詞にも人や空間を祓い清める威力を感じますので、ただ単に参拝者に向かって「朗読」しているのではないと思います。

また、「いのり」や「なのり」にみえる「のる」は上下を感じません。

万葉集では女性は「名乗る」は結婚を承諾する意味に等しいのです。名前はこの時代は特別です。漫画の『陰陽師』に一番短い呪は名前とありました。

私は祝詞の文体にこだわる必要はないと思っています。祝詞は神聖な言葉であると心に留めて作文し奏上することのほうが重要だと思います。

そのため、奏上中は全員が頭を下げ、心を静かにし祈りをささげます。

私は「神聖な言葉とはどんな言葉か?どんな言い回しか?」「どのように奏上したら良いのか?」に向き合いたいと思います。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました