取得する前に知っておきたかったドメインの疑問

ドメインの疑問アイキャッチ画像ドメイン/サーバ

独自ドメインを取得した方がいいのは分かったわ。

でも、まだ分からないことがいっぱいあって、取得には悩むわ。

今回の記事は、私がドメインを取得する前に知っていたら不安にならなかった疑問にお答えします。

今までドメインとは何?からドメインの必要性やおすすめのドメインについてお話ししてきましたが、まだまだ「そうはいっても不安」な気持ちは消えないと思います。

私も実際に取得して2~3年たったころに「こんな感じなんだ」と思いました。

ドメインは先着順で決まります。もしあなたが欲しいドメイン名があっても先に取得されたら残念ですよね。グズグズしていたらせっかく考えたドメイン名が取得できない!!ってことになるかもしれません。

不安な気持ちのままでは取得するのが大きなストレスになると思うので、今回は私が強く感じたもっと早く知りたかったドメインの悩みについてまとめます。

最後までお付き合いくださいね。

疑問1:ドメインはサーバが指定した会社がいいの?

いいえ。ドメインとサーバーは別の会社でも全く問題ありません。

ドメインはレンタルサーバーと提携している会社でなくても利用することができます。

例えば、ロリポップ!ならムームードメイン、バリュードメインならバリューサーバーやコアサーバー、XERAです。またエックスサーバーならエックスドメインがあります。会社によってはサーバーとドメインの両方を提供できるサービスがあります。

はじめてで不安ならば同族会社を選んだ方が、ホームページを公開するにあたりドメイン設定やサイト設定が楽かもしれません。

ドメイン設定はサーバとドメインを結びつける設定で、ドメイン側とサーバー側で行います。ドメインサーバーの情報を書き写す設定です。失敗してもエラーメッセージがでるだけなので、サーバーを故障させるほどのものではないので、心配いりません。

お好きなサーバー、ドメインで全く問題ありませんよ。

疑問2:ずっと同じ会社を使い続けなくてはならないの?

いいえ。ずっと同じ会社を使い続ける必要はありません。

「一度契約したら同じ会社のドメインを使い続けないと、ドメインを使えない」ことはありません。

ドメイン会社は取得、管理、移転(移動)の3つのサービスを提供しています。そのため、取得したら別の会社に移転することができます。

コントロールパネルが使いづらい、サービスが悪い、契約料金が高いなと思ったら、お好きな会社に移動することができますよ。

疑問3:ドメインは途中で変えることはできるの?

残念ですが、できません。

例えば、スペルを間違えて取得したから正しいスペルのドメイン名に変えたいと思ったら、もう一度正しいスペルのドメインを取り直す必要があります。

取得する際はスペルが間違っていないか、よーく確認してから取得しましょう!

疑問4:ドメインはどうやって決めたらいいの?

職種やサイト内容によって[.com][ne.jp][org]などのドメインを決めます。日本国内の企業なら「ne.jp」、非営利法人なら「org」などと決まっています。

ドット(.)の前の部分は、自由につけられます。

ただし、半角英数文字63文字までです。といっても、訪れた人や教えた相手が分かりやすいシンプルなドメインがいいと思いますよ。

記号はハイフン(-)、またはアンダーバー(_)の利用ができます。

こちらの記事に、ドメインのつけるヒントや使用できる文字についてまとめました。参考にしていただけたら嬉しいです。

疑問5:Whois情報は公開しなきゃいけないの?

開示するように決まっています。

「Whois情報」とはドメイン登録情報のことです。「whois」とはドメイン登録者を調べる仕組みを指しています。

登録情報は、登録者、登録年月日、契約満了日などが登録されています。

例えば、JPRSでWhois情報調べると画像の様に表示されます。

私のWhois情報
私が奉職する神社のWhois情報公開です。20年近く使用しているので愛着があります。

個人情報が表示されるのはイヤだなと言う方にはWhois情報公開代行というサービスもあります。

お名前.comでは申込時にチェックを入れれば無料でWhois情報公開代行に対応していますよ。他のドメインサービスでも行っている場合がありますので、確認して見てくださいね。

ただ、個人の場合はWhois情報公開代行はいいと思いますが、仕事や法人の場合は代行サービスは利用しなくてもいいんじゃないかな、と思います。

疑問6:安いドメインは偽物なの?

すべて本物です。

ドメインには偽物本物はありませんので、安いドメインでも安心して利用することができます。

会社によって設定料金が違います。それはおそばやコーヒーと同じく、価格設定の自由から会社によって料金プランが異なるだけです。

だったら、少しでも安いドメインがいいと思いますよね?でも、サイトの内容や職業によって取得するドメインが違います。

また、取得するときの費用は安くても、次年度からかか管理料(更新料)が高い場合があります。

同じドメインを長く使った方が検索サイトからの評価が高くなる傾向があります。なので、取得の際は更新料の確認を忘れないようにしましょう。

こばち
こばち

「こんなこと疑問に思っていたなぁ」って思い出したら順次追加しますね

タイトルとURLをコピーしました