WordPressにログインできない!ログインループの地獄から脱出する方法

リダイレクトループの脱出法アイキャッチ画像ワードプレス
スポンサーリンク

どうして?

正しいパスワードなのにログインできないのぉ!

今回は、正しいユーザー名とパスワードを入力しても、ログイン画面が表示されWordPressのダッシュボードに入ることができないときの対処法についてまとめました。

正しいユーザー名とパスワードを入力してもログイン画面に戻ってしまう、繰り返しログイン画面が表示される状態を「リダイレクトループといいます。

これを無限ループと呼んだりログインループと言ったりします。

普段は触ることのあまりないデータベースの修正の仕方など解説します。

私はリダイレクトループになるまでデータベースを触ったことがありませんでしたが、無事にログインすることが出来ました。

データベースを触ったことがない人でもログインループから脱出することができるはずです。

最後までお付き合いくださいませ。

スポンサーリンク

リダイレクトループの特徴

ある日のこと

いつも通りWordPressのログイン画面にアクセスしてパスワードを入力していました。

いつもだったらスムーズにログインされるのに、「404 Not found」が表示されました。

「あれ?パスワード間違えちゃったかな」と、再び正しいパスワードを入力します。

すると、また「404 Not found」が表示されます。

またログイン画面に戻る・・・を何度か繰り返しました。無限ループに陥ったようです。

「正しいパスワードなのに、なんんかおかしいぞ?」

パソコンのモニタの画面をよ~く落ち着いて見ると、ちょっと少しブレた状態でログイン画面が表示されています。

さらによーくよーく見てみると、URLがおかしな文字列で長いのです。

これは明らかに私のユーザー名とパスワードの入力ミスではないと思いました。

リダイレクトループの特徴
  • 正しいIDとパスワードを入力しているのに、ログインできない
  • ログインの画面が揺れている
  • ログインのURLがおかしな文字列である

私がリダイレクトループになった原因

私はWordPressのインストールをマニュアルを見ずに行いました。そのため、その後の設定や理解が足りなくてミスが起こったようです。

WordPressの一般設定で「WordPressアドレス」と「サイトアドレス」を同じにしたことで、ログインループが起こったようです。

一般設定後、データベースを修正する必要がありました。

さくらインターネットの新コントロールパネルでのWordPressの詳細です。

新コントロールパネルのWordPressの詳細
さくらインターネットのコントロールパネルのWordPressのURL

上の画像の中央辺りに「設置先」を見ることができます。設置先が「WordPressアドレス」になります。インストールした後、WordPressの一般設定の「WordPressアドレス」には、この設置先が表示されているはずです。

「WordPressアドレス」を独自ドメンのアドレスにしてしまったのが原因でした。独自ドメインに設定すれば、ユーザーのアドレスバーには独自ドメインが表示されると勘違いしたからです。

WordPressのアドレスとサイトアドレスの違い

WordPressの一般設定にある「WordPressアドレス」と「サイトアドレス」は似たように思われますが、意味が違います。WordPressのアドレスとサイトアドレスの意味を間違えるとログインループに陥る失敗を引き起こすことになります。

  • WordPressアドレス:WordPressをインストールしたアドレス
  • サイトアドレス:WordPressにアクセスするアドレス

実際は、WordPressのアドレスとサイトアドレスを変更しなくても大丈夫です。WordPressのアドレスとサイトのアドレスはそのままでも、何も影響はありません。ユーザにも影響ないしそのままで良かったのです。

現在の私はWordPressのアドレスとサイトアドレスは同じの方が便利だと思っています。その理由はこちらで説明しました。よかったら読んでみてくださいね。

無限ログインループになった時の対処法

さて、これで無限ループになった原因が分かりました。ここから、ちゃんとログインできるようにしていきます。

次にする手順です。

  1. wp-config.phpファイルをダウンロードし変更する
  2. ログインする
  3. 設定画面を戻したい場合はデータベースを書き換える
  4. 元のwp.config.phpファイルに変更する

ログインするために、「wp-config.php」ファイルを変更します。

その後、どうしてもWordpressのアドレスを変更したい、サイトアドレスと同じにしたい、WordPressのアドレスが固定されて嫌だと言う場合は、データベースを変更します。

wp-config.phpファイルのダウンロード

さくらのレンタルサーバーを利用しているので、さくらを例にします。

まず、さくらインターネットのレンタルサーバーのコントロールパネルにログインします。ファイルマネージャーで「wp-config.php」ファイルをダウンロードします。

ファイルマネージャーから直接編集することができますが、初心者は直接編集することは避けましょう。

ファイルマネージャーで「wp-config.php」ファイルのダウンロードします
あなたのホームページのフォルダの下にwp-config.phpはあります

wp-config.phpを変更する

次に、「wp-config.php」ファイルを開きます。

Windowsの「メモ帳」で編集しないことを推奨しています。別のエディタを洩っている人はそちらで、私はなかったのでメモ帳で編集しました。

ファイルを開いたら、書き込んでよい場所を探します。

「編集が必要なのはここまでです!WordPressでブログをお楽しみくだい。」の一文を文字列から探します。

wp-config.phpファイルの編集は「編集が必要なのはここまでです!」の上で行います

画像の真ん中あたりに「編集が必要なのはここまでです!WordPressでブログをお楽しみください。」を見つけることができましたか?

その行の上のどこでも構わないので、次のコードを追加記入します。

define('WP_SITEURL', 'https://sample.com');

アドレスが「https://sample.com」となっていますが、「WordPressアドレス」に入力した誤ったアドレスを記入します。wp-config.phpファイルでは「WP_SITEURL」となっていますが、WordPressのアドレスです。

wp-config.phpの表示意味
WordPressのアドレスWP_SITEURLWordPressをインストールしたアドレス
サイトアドレスWP_HOMEWordPressにアクセスするアドレス

サイトアドレスを変更した場合も同じように記入してください。

ファイルを保存したら、元あった場所にアップロードします。

ログインする

WordPressのログイン画面にアクセスして、正しいIDとパスワードを入力します。上手くいけば、ログイン出来るはずです。

管理画面の設定の中の一般設定でWordPressのアドレスがグレーになって固定されています。

このままでも問題ありません。

でも、気になる場合はデータベースを編集します。

データベースを書き換える

WordPressの設定で「WordPressアドレス」がグレーになったいるのが嫌いな人、気になる人はデータベースを書き換える作業をします。

phpMyAdminにログインします。「wp数字options」を選んで「siteurl」を変更します。もしかしたらテーブル名が違うかもしれませんが、「options」と書かれたモノを探します。

phpMyAdminでsiteurlを編集する

正しいWordPressアドレスを登録します。

私はせっかく独自ドメインがあるから、どちらも独自ドメインに揃えたかったので、データベースを独自ドメインで登録しました。

無限ループになった原因はWordPressの設定とconfig.phpファイルのWordPressのURLが一致していないことで起きていました。データベースを登録したら、config.phpファイルに登録した一行は削除してもいいと思います。

最後に

このphpMyAdminにログインするためのIDとパスワードは「wp-config.php」ファイルに書かれています。もし、IDとパスワードを忘れてしまったら、「wp-config.php」ファイルで確認します。

また、phpMyAdminにアクセス出来るとWordPressの管理画面にアクセスできるIDとパスワードを取得することができます。(詳しくは「ユーザ名とパスワード忘れた場合のWordpressにログインする方法」にまとめてありますので、よかったら読んでみてくださいね。)

「wp-config.php」ファイルは大切なファイルなので、ファイル属性(パーミッション)の変更することをオススメします。その方法をまとめた記事がありますので、参考にして頂けたら嬉です。

ログインの無限ループに陥った時とても参考になった記事です。

タイトルとURLをコピーしました